読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の美容ブログ

美容師目線でプロの美容のお話。

国家資格を取って美容師になったのに半年で辞める理由 Vol.1

こんばんは!

 

f:id:moritoki0829:20170327010823p:plain

 

 

僕は美容室と呼ばれるところで働き出して丸9年が経ちました。そして今年の4月から10年目を迎えます。出身は福岡、住んでいたところはかなりのど田舎。そんなど田舎から出てきて10年目を迎えようとしている。

 

 

僕の場合は2年間専門学校に通いながらサロンで働くというダブルワーカーとでもいいましょうか?朝から夕方までは普通課程の専門学校に通い、夕方学校が終わってからサロンに戻って仕事をする。そんな日々を2年間続けました。

 

 

入った当初は右も左もわからなかったのに、いつの間にか後輩の方が多くなっていることに気がつきました。そりゃそーだ、もう10年目を迎えるんだから。

 

 

ではなぜ2年間の専門学校に通い、国家資格を取ったというに半年で辞めてしまう若者が多いのだろうか?そこに言及していきたいと思う。

 

 

スポンサーリンク

 




 

まず、ひとつ言っておきたいことがある。理美容業界に置いての離職率はかなり高い水準となっている。いつしか観たテレビでもその離職率について話していた。そのテレビ番組によると3年未満に辞める人が60%、5年未満にまでなると94%にまで登ると。

 

 

しかしながら全員が理美容師を辞めてしまうわけではない。このお店が自分には合わなかったと違うお店を求め、その合わなかったお店を辞めてしまうのだ。そう、今理美容業界は飽和しきっている。

 

 

全国にコンビニが大体6万店舗ほどある。その6倍ほどに当たる36万店舗ほど理美容室があると言われている。そう、そのお店を辞めても自分を欲してくれるお店はいくらでもあるのだ。まず一つの理由としてたくさんお店があることにより辞めても次に働く場所があるという安心感があるからこそ躊躇なく退社という道を選ぶのだ。

 

 

9年間働いてみて思うことが「退社」という道を選べた若者はまだいいもの。その子達を褒めるわけではないが義理は通している。では他の辞め方は?というと。もちろん「ばっくれ」である。

 

 

普通の出勤日、いきなり来なくなる。こんな後輩をどれだけみてきたか。。。いきなり出勤していなくなって、いつの間にか会社を辞めている後輩を幾度となくみてきた。ブラック企業だからだと思う方もいるかもしれない。

 

 

しかし声を大にしていいたい。今のご時世、ブラック企業じゃない美容室はない。それを肯定しているわけではないが、僕たちはお客様の髪を切れてなんぼだ。国家資格を取ったからと言ってお客様の髪を切れるわけではない。

 

 

2年間の学校に行ったからと言ってかなりストイックな学校生活を送っていない限り専門学校を卒業して国家資格を取ったからと言ってお客様の髪を切れるようなハイセンスな人はいないだろう。

 

 

いつしか都内で焼肉店を営む高校からの同級生と飯を食った時に話したことがある。「ばっくれ」→「平成ジャンプ」というらしい笑 そう、いきなり飛んでしまう。ジャンプしてしまうのは基本的に平成生まれの若者だ。イコール「Hey!Say!JUMP」「平成ジャンプ」なのだ笑

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

だからこそスタイリスト(髪が切れる人)になる前に理美容室を辞める人が多いのだ。違うサロンだったら自分は必要とされるかもしれない。そう思って。

 

 

そう、人は基本的に承認欲求を持っている。人から認められたい、自分の存在が人に認められたいなどという承認欲求を。しかしどうだろう?4月から働き始めたからと言ってお客様の髪を触れるわけではない。カットができるわけではない。カラーができるわけではない。シャンプーができるわけではない。

 

 

そう、何もできないのだ。せいぜいタオルをたたんだり、お客様の髪の毛を掃いたり、汚れたカラーカップやハケを洗ったりと、基本的には雑用と一緒なのだ。僕も今は偉そうにお客様の髪を切らせていただいているがサロンで働き始めた当初は本当に雑用ばかりだった。

 

 

それをこなしてアシスタントとしてのトップを経験してスタイリストになっていく。そう、人の髪を切るまでは結構一苦労なのだ。まだまだ僕も半人前ではあるが一端の美容師である。スタイリストである。

 

 

たくさんの人がそこまで辿り着けずに辞めてしまった、そこに辿り着けたのだ。5年未満の離職率94%、そう僕は今年で10年目を迎える。6%の人間に入ったのだ。

 

 

 ということでここまでは序の口である。しかしここまで読んでもまぁ辞めちゃうなぁと思った専門学生は今すぐに学校を辞めて違う色につくことをお勧めする。「自分は大丈夫だ」と思っている方。基本的には「自分はダメだ」と思う人はいないからね。

 

 

好きなだけでやっていける仕事ではありません。本当に好きじゃないと。。。

ということで序の口は終了します。これまで9年間いろんなことがあったことを書き綴っていければと思っております。

 

 

あまり興味はないかもしれませんが美容師という仕事を知るきっかけになれればいいかと思っております。