読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容師の美容ブログ

美容師目線でプロの美容のお話。

国家資格を取って美容師になったのに半年で辞める理由 Vol.3

こんばんは!

 

 

大好評頂いてはいませんが、美容師が半年持たずに辞めてしまう理由を綴る。なぜでしょうか?これまでに2つのブログを書きました。二つとも全く違う理由。二つ目は会社の愚痴見たくなってしまいましたがw

 

 

しかしながら愚痴は誰にでもあるもの。それは止められないでしょう。ということで今日は第3弾になります。

 

 

今日は少しずつ仕事内容や練習内容に入っていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

はい、先日も書いたように国家資格を取って美容師になりました。はいお客様をバンバンカット!って訳にはいきません。専門学校で教えてもらう技術なんてのは屁の役にも立ちません。

 

 

それはカット、カラー、パーマ、ストレートパーマ全てに置いてです。カット技術ももちろん練習します。しかしそれは専門学校レベル。お客様をカットできるようなレベルにはなれません。

 

 

ではどれくらいでお客様をカットできるようになるのか。そう下積みがどれくらいあるのか!?それは美容室によって異なります。それでは僕のお店を例にお教えしたいと思います。

 

 

僕の働いている美容室はカットが一番最後のランクになります。カットできる=全て一人でできる。ということになります。そのカットができるまでに何をしなければいけないか?

 

 

シャンプー、マッサージ、ブロー、カラー、ブリーチ、トリートメント、パーマ、ストレートパーマなどなど。大雑把に分けてこちらになりますが、それを奥深くまで理解し、技術ができるようになるまで個人差はありますがうちでは3年〜4年はかかります。

 

 

うちのお店でのカリキュラムは4年で達成できるようになっていますが、4年で達成できた人を見たことがありません。サボっているわけじゃありません。それほど難しいということです。

 

 

だいたい辞めて行く人たちはスタイリストになる前に(カットができるようになる前に)辞めていってしまいます。むしろここをクリアしたらやめる理由はそれほどありません。

 

 

ということでカットができるようになる前にみんな離脱していってしまうのです。しかし挫折の理由はたくさんあります。ただ単に根性が足りない。やりたくもないけどなんとなくこの業界に入ってきた。シャンプーで水を使うことで手荒れがひどくなった。パーマ、カラー剤で手荒れがひどくなった。

 

 

 




スポンサーリンク

 



人間関係に悩んで。接客が向いてなかった。拘束時間が長く自分に向いてないと思った。。。などなど。たくさんの理由があります。しかしこの辺の理由はどこの業種も同じでしょう。

 

 

しかし僕が思うにただやめる理由を探しているだけ。自分に非がないように辞めるために。まぁ人間なんて弱いもの、そんなものでしょう。

 

 

新入社員が入ってくる季節。ヤフーのコラムなどでも見るようになるのが「新入社員のありえない行動〇〇選」とか「上司の飲みの誘いを断るには!?」とか無駄なコラムだなぁと思いながらもなんとなく読んでしまう。

 

 

「最近の若いものは」

この言葉は鎌倉時代にはあったみたいですね。そう、どの時代も数年生きている時代が違うだけで考え方が変わるものなのです。そりゃそうですよね。僕だって入社した当初は「ゆとり世代がきた」って言われてましたもん。

 

 

無性に腹たちましたけどね。話は逸れましたがスタイリストになるまでには多大な時間がかかるのです。もちろんそうじゃない美容室もあると思います。そのような美容室が離職率を下げてくれるのはありがたいことです。

 

この業界の離職率がこれ以上上がらないことを祈りたいと思っております。。。

 

 

 

国家資格を取って美容師になったのに半年で辞める理由 vol.2

こんにちは!

 

さてさて前回は美容師が辞めてしまう理由を簡単に説明致しました。と言ってもまだまだたくさんの理由があります。 

 

今日から僕は10年目を迎えるわけですが、先日僕が休んでいた時に一つ上の先輩が社長に激怒されたということを聞きました。

 

なぜか?

 

お客様との会話の中で会社のことを話していたそうです。カット中のお話です。そう隣にはカットをしている社長がいる中で。お客様はそれをわかっていてあえてその話をする。

 

 

しかしながら内容によっては話したく内容はもちろんある。それは会社の愚痴。そう、美容師じゃなくてもどの業種の人たちであろうと会社の愚痴の一つや二つはあるだろう。そのお客様はそれを聞きたかったのだ。まぁ厄介な客と言えば厄介な客だ。

 

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

先輩は濁しながらも愚痴とまではいかない内容をお客様に話したそうだ。それが社長が激怒した理由だった。まぁ僕からしてみれば社長の激怒の理由もわからなくもない。しかしそこで激怒してしまう社長はこれからの時代続いていかないだろう。

 

 

激怒する=認めた そんな構図が成り立つのではないだろうか?その会社を愛して働いている人たちがこの世界にどれだけいるのだろうか?働く=お金 そういう構図の中で働いている人たちの方がよっぽど多いと思っている。

 

 

理美容業界は少し特殊な業種である。僕たちは朝9時半に出勤して夜7時半の受付終了までお客様と接している。しかし全ての時間をお客様と接しているわけではない。社長曰く、お客様に触っていない時間は全て休憩ですよね?

 

 

そうでしょうか?お客様に触っていない時間でもお店のことをやったり、他のスタイリストのアシスタントをやったりとやることはたくさんある。じゃぁレジを打っている人がレジをやっていない時間は全て休憩でしょうか?そうではないでしょう。

 

 

理美容業界に入ってくる人たちはなんのために入ってくるのでしょうか?人のことを綺麗にしたいから。そうでしょう。働く一つの手段として。そうでしょう。お金を稼ぐため。そうでしょう。

 

 

全て正解だと僕は思います。この業界に入ってくるからといって全ての人がステージに立ちたいだとか、この業界を変えてやりたいと高い志を持って入ってくるわけではないのです。

 

 

 

 


スポンサーリンク

 



 

 たくさんの人がいる中でたくさんの考え方がある。現代は会社で雇う側と雇われる側はフィフティフィフティである。しかしそれをわかっていない会社が多すぎる。大手はそうではないかもしれない。

 

 

どこにでもある中小企業は社員がいることでその会社が成り立っていることに気づけていない。その会社はどうなるか。そう潰れて行くのです。会社のおかげであなたたちの生活が成り立っている。そんな考え方で経営をやっている社長がいるのであれば、それは胡座をかきすぎである。

 

 

もちろん会社は雇う側、社員は雇われる側であるが、雇われる人がいない会社は利益が上がらない。その構図をもっとわかるべきだろう。

 

 

はい、今日は僕の会社の愚痴になってしまいました。先日の先輩の話を聞いて感じたことでもあります。その先輩は社長に激怒されていた時に全て「はい」と答えたそう。僕だったら反抗して会社を辞めることを考えただろう。そう、会社側の考え方が柔軟でないとこのようにやめてしまう美容師は星の数ほどいる。

 

 

少し番外編っぽくなりましたが、どこの会社でも起こり得ていることでしょう。そんなちっぽけな内容って思う方も多いでしょう。僕もちっぽけだなって思います。しかしそれで一つの職業を諦めてしまう人もたくさんいるということを伝えたいと思います。

 

 

 

国家資格を取って美容師になったのに半年で辞める理由 Vol.1

こんばんは!

 

f:id:moritoki0829:20170327010823p:plain

 

 

僕は美容室と呼ばれるところで働き出して丸9年が経ちました。そして今年の4月から10年目を迎えます。出身は福岡、住んでいたところはかなりのど田舎。そんなど田舎から出てきて10年目を迎えようとしている。

 

 

僕の場合は2年間専門学校に通いながらサロンで働くというダブルワーカーとでもいいましょうか?朝から夕方までは普通課程の専門学校に通い、夕方学校が終わってからサロンに戻って仕事をする。そんな日々を2年間続けました。

 

 

入った当初は右も左もわからなかったのに、いつの間にか後輩の方が多くなっていることに気がつきました。そりゃそーだ、もう10年目を迎えるんだから。

 

 

ではなぜ2年間の専門学校に通い、国家資格を取ったというに半年で辞めてしまう若者が多いのだろうか?そこに言及していきたいと思う。

 

 

スポンサーリンク

 




 

まず、ひとつ言っておきたいことがある。理美容業界に置いての離職率はかなり高い水準となっている。いつしか観たテレビでもその離職率について話していた。そのテレビ番組によると3年未満に辞める人が60%、5年未満にまでなると94%にまで登ると。

 

 

しかしながら全員が理美容師を辞めてしまうわけではない。このお店が自分には合わなかったと違うお店を求め、その合わなかったお店を辞めてしまうのだ。そう、今理美容業界は飽和しきっている。

 

 

全国にコンビニが大体6万店舗ほどある。その6倍ほどに当たる36万店舗ほど理美容室があると言われている。そう、そのお店を辞めても自分を欲してくれるお店はいくらでもあるのだ。まず一つの理由としてたくさんお店があることにより辞めても次に働く場所があるという安心感があるからこそ躊躇なく退社という道を選ぶのだ。

 

 

9年間働いてみて思うことが「退社」という道を選べた若者はまだいいもの。その子達を褒めるわけではないが義理は通している。では他の辞め方は?というと。もちろん「ばっくれ」である。

 

 

普通の出勤日、いきなり来なくなる。こんな後輩をどれだけみてきたか。。。いきなり出勤していなくなって、いつの間にか会社を辞めている後輩を幾度となくみてきた。ブラック企業だからだと思う方もいるかもしれない。

 

 

しかし声を大にしていいたい。今のご時世、ブラック企業じゃない美容室はない。それを肯定しているわけではないが、僕たちはお客様の髪を切れてなんぼだ。国家資格を取ったからと言ってお客様の髪を切れるわけではない。

 

 

2年間の学校に行ったからと言ってかなりストイックな学校生活を送っていない限り専門学校を卒業して国家資格を取ったからと言ってお客様の髪を切れるようなハイセンスな人はいないだろう。

 

 

いつしか都内で焼肉店を営む高校からの同級生と飯を食った時に話したことがある。「ばっくれ」→「平成ジャンプ」というらしい笑 そう、いきなり飛んでしまう。ジャンプしてしまうのは基本的に平成生まれの若者だ。イコール「Hey!Say!JUMP」「平成ジャンプ」なのだ笑

 

 

 




スポンサーリンク

 



 

だからこそスタイリスト(髪が切れる人)になる前に理美容室を辞める人が多いのだ。違うサロンだったら自分は必要とされるかもしれない。そう思って。

 

 

そう、人は基本的に承認欲求を持っている。人から認められたい、自分の存在が人に認められたいなどという承認欲求を。しかしどうだろう?4月から働き始めたからと言ってお客様の髪を触れるわけではない。カットができるわけではない。カラーができるわけではない。シャンプーができるわけではない。

 

 

そう、何もできないのだ。せいぜいタオルをたたんだり、お客様の髪の毛を掃いたり、汚れたカラーカップやハケを洗ったりと、基本的には雑用と一緒なのだ。僕も今は偉そうにお客様の髪を切らせていただいているがサロンで働き始めた当初は本当に雑用ばかりだった。

 

 

それをこなしてアシスタントとしてのトップを経験してスタイリストになっていく。そう、人の髪を切るまでは結構一苦労なのだ。まだまだ僕も半人前ではあるが一端の美容師である。スタイリストである。

 

 

たくさんの人がそこまで辿り着けずに辞めてしまった、そこに辿り着けたのだ。5年未満の離職率94%、そう僕は今年で10年目を迎える。6%の人間に入ったのだ。

 

 

 ということでここまでは序の口である。しかしここまで読んでもまぁ辞めちゃうなぁと思った専門学生は今すぐに学校を辞めて違う色につくことをお勧めする。「自分は大丈夫だ」と思っている方。基本的には「自分はダメだ」と思う人はいないからね。

 

 

好きなだけでやっていける仕事ではありません。本当に好きじゃないと。。。

ということで序の口は終了します。これまで9年間いろんなことがあったことを書き綴っていければと思っております。

 

 

あまり興味はないかもしれませんが美容師という仕事を知るきっかけになれればいいかと思っております。

 

 

ハイ透明感カラー アプリエ 2017年必ず来るカラー

こんばんは!

 

f:id:moritoki0829:20170315234800j:plain

 

今年の夏流行りそうなカラー登場!ブリーチを使わず透明感のある色味に!ハイ透明感カラー!ホーユーから出たアプリエというカラー剤。これまでになかった、3剤式のカラーになります!

 

 

明るくしたい、透明感のあるあっしゅにしたい、だけどブリーチはちょっと。。。そんな方にとっても良いカラー!日本人特有の赤味を消してアッシュベースのカラー、そして光に当たった時の透明感!

 

 

これまでブリーチをしないとどうしても出なかった色が!時間とお金がかかって仕方のなかった色が!来週からワンメイクカラーで出来るようになる!

 

スポンサーリンク

 




 

 

 毎年新しいカラー剤が出てきて髪にも頭皮にも負担がなくカラーが出来るようになり僕らは少しずつ楽を覚えたみたいです。しかし、新しいカラー剤もしっかりと勉強しないと使いこなせないのです!

 

 

という事でお勉強してきました!最近はアッシュ系に寄るカラーがかなり増えました!しかしメラニンは赤味ベース、それにアッシュをかなり入れて塗り潰す手法。しかしホーユーのアプリエは違います!メラニンを黄色味ベースに持ってくる事に成功!嫌いな赤みよさよなら!!!

 

 

 そしてカラーの後はトリートメントをしないとどうしてもパサパサ、ゴワゴワになりやすい髪も潤い成分が入ってるいるためツヤツヤな仕上がりに!そしてダブルカラーしなくて良いので時間の短縮、髪のダメージの軽減に成功!

 

 

こんな素晴らしいカラー剤を待っていました!これまでにない革命的なカラー!みなさん試してみませんか!?!?

 

 




スポンサーリンク

 



ストレートパーマと縮毛矯正の違いってなに? 

こんばんは!

 

 

f:id:moritoki0829:20170303011708j:plain

 

 

今日はアシスタントのストレートパーマの練習会でした。先ほどモデルさんを返し(日付が変わる前ですよ?笑)総括をして今ブログを書いています。美容師って意外とチャらくないんですよ?笑

 

 

それはどうでもいいとして、ストレートパーマと縮毛矯正の違いって何か知っていますか?僕は知りません笑 各美容室によって違うのではないかな?と思うのですがどうなんでしょうか。。。

 

 

 

ストレートパーマ

薬剤だけでやるもの。1剤をつけて膨潤をチェックしてオッケーだったら、一度流す。ウェット、もしくは一度しっかりドライヤーでブローしてから2剤をつけて流す。これがうちの美容室のストレートパーマです。

 

 

縮毛矯正

薬剤とストレートアイロンを使うもの。1剤をつけて膨潤をチェックしてオッケーだったら、一度流す。ここまでは一緒。ドライヤーでしっかりブローもしくはドライのみしてストレートアイロンで1パネルずつしっかりアイロンを通す。そして前頭終わってから2剤をつけて流す。これがうちの美容室の縮毛矯正です。

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

まぁうちの美容室の違いといえばストレートアイロンをするかしないか。では、そのストレートアイロンをするかしないかの違いで仕上がりに大きな差が出てきます。

 

 

お客様の髪のクセ、ボリューム、髪質、ライフスタイルを全て考えて施術いたします。

どのクセにどの薬剤が合うのか、希望のスタイルはどのようなものなのか。それをカウンセリングで触診、視診、聴診、全てを加味しお客様にあったものを選びます。

 

 

ストレートパーマ、縮毛矯正、僕たち美容師からしてみれば一番難しい施術。だからこそやりがいがあり、仕上がりに満足していただけるよう努力するのです。

 

 

そしてその仕上がりを続けていただくためにはやはりホームケアが大事なのです。

だからこそ使っていただきたいのはアウトバストリートメント。

 

 

 

 

 

こちらのアウトバストリートメントを使うことで、ストレートにしたサラサラの髪を保つことができます!

 

 

今日のストレートパーマ練習会でたくさん勉強できました。またたくさんの良いことを美容好きな皆様に知ってもらえればと思います!!!

 

 

 

プレミアムフライデー 時代は華金ではなく美金

こんばんは!

 

今日からプレミアムフライデーの始まりですか!?

今日は早上がりしてみなさん消費してくださいって日になりますね。違いますか?笑 とは言っても企業が早く会社から帰ることができるように政府も動いています。

 

しかし、現実はどうでしょうか?消費が上がるのか?それとも帰ることができない社員が多いのか?僕は後者になります。しっかり最終受付まで働く。3時に閉まる美容室、誰もこないですよね?笑

 

こんな感じでやはり政府の動きと現実の社会は行き違いだらけ。カルテットのマキさん夫婦みたいですね笑 さて今年から始まるプレミアムフライデー、どんな感じで幕を開け、今年の終わりまで続いているのか見ものですね。

 

 

 

 




 

プレミアムフライデー、全く関係ないとは言ったものの3時に会社から帰ることができるのであれば、土日に美容室に行くのではなく、金曜の夕方に美容室に行くこともできるのではないでしょうか?

 

そしてよく聞く、華金、まぁ飲める日ですよねwじゃなくて美金

そう、金曜の夜から美を意識しましょうの日?そんな感じでしょうか?

しかしながら土日にまとまってお客様がくるよりも、金曜の夕方が徐々にこむようになってくれれば僕たち美容師としてはありがたいことですね。

 

 

かと言って金曜の夜美容室屋ネイルサロン、エステサロンが安くなるという取り組みはしてないでしょう。しかし時代は美金!!!

これは女性だけに限ったことではないですよね?現代の男性はエステをやったりパックをやったり、肌男と呼ばれる男子もいるみたいですしね。

 

そうこういう時代だからこそ女性はより美意識を高め綺麗に美しくいてほしいと僕たち美容師は考えています。

 

 

現代女性が美しくいるために必要なもの。それは毎日のケアです!そう、それは美容室に通ってトリートメントをするのではなく毎日使うシャンプーやトリートメント。家で行うケアが髪の毛の美しさを保ってくれるのです!!!

 

 

そしてお風呂上がりにすることといえばドライヤー。

そう今やこのドライヤーは美容器具。髪の毛を乾かすだけのものではありません。

ドライヤーを使って髪を乾かすだけで髪の毛の艶が復活し、しっとりさせてくれます。

 

また頭皮にしっかり当てることで肌を引き上げる効果もあり顔のたるみやしわを無くしてくれる代物。「そんな、バカなぁ」と知らない人は言いますよね。そりゃそーですよね。ドライヤーでリフトアップができるなんて!?そうできるんです!!!

 

 

 

 

ドライヤーってこんなに高かったっけ?って思った人、正解です。ドライヤーはこんなに高くありません。しかしこれはドライヤー機能もついた美容器具なんです。

そう思えばこのドライヤーかなり安いと思いませんか?

 

 

この美容メーカーさんが言っていました。高い美容器具を買っても女性は基本的にやめてしまう。ではやめないものを作りたい。そんな気持ちで作られたのがこのドライヤーです。そう、髪を乾かす行為は基本的にお風呂から上がった後にみなさんがやる事。

 

 

ということは高い美容器具を買って使わなくなった人も、髪の毛を乾かすという行為だけで顔のリフトアップができるんです。

 

 

 

こーいうの持っているけどもう使ってない人多いんじゃないでしょうか?

そう、それならば絶対に使ってみるべき。髪の毛を乾かすだけでいいのだから。

 

  

 

値段が上がれば上がるだけ効果を実感していただけるはず。美容室で買うともっと高いです笑 今の時代はすごいですね。アマゾンだとこんなに安く買える様になっていますから。

 

美容師としてのオススメはこちらになります。

 

 

 

 



美容師が選ぶNo. 1シャンプーは!? クオメゾフォルテ

こんばんは!

 

 f:id:moritoki0829:20170223220344j:image

 

 

 

今日はシャンプーのお話を少し。

 

僕たち美容師が普段営業していて

 

ダメージに関して思う事。

 

それはホームケアが一番大切。

 

美容室でやるトリートメント、

カラーやパーマの前後処理

それは全て今よりダメージしないように

また手触りを良くするためのもの。

 

ダメージを受けた髪の毛を

完璧に生えてきたばかりの髪の毛に

戻すのは不可能。

 

ダメージ=不可逆

 

になります。

 

 

人間の体の中で

自己再生能力がないもの

それは

 

です。

 

 

 




 

 

 

はい、前置きが長くなりましたが

僕ももう10年近く美容業界にいます。

 

これまで色んな

シャンプー

コンディショナー

インバストリートメント

アウトバストリートメント

マスク

などの商材を見てきました。

 

でもやっと10年経って

本当に良いものに出会えた気がします!

 

 

これまでの商品が悪いわけではありません。

 

しかし

それでも本当に良い物に

出会えた。

 

そんな瞬間は本当に鳥肌が立つみたいです。

 

 

ではそれはなにか!?

 

f:id:moritoki0829:20170223220326j:image

 

 

QUO mezzoforte

クオメゾフォルテ

こちらになります。

 

 

 

 何がいいのか!?

 

 

f:id:moritoki0829:20170223235249p:plain

 

f:id:moritoki0829:20170223235303p:plain

 

f:id:moritoki0829:20170223235316p:plain

f:id:moritoki0829:20170223235330p:plain

f:id:moritoki0829:20170223235347p:plain

 

これを読んでいただいてわかる通り

髪の毛に対していいことばかり。

 

 

しかしながら残念ながらこれは市場に出回りません。

何年か先はわかりませんが

とりあえず今は。

 

なぜかというと

これは確実にサロンでしか買えないという

ブランドシャンプーになっているからです。

 

とってもいいものがお客様の手に届くのが一番ですが

今の美容業界はサロンの価値をあげようとしています。

 

僕にとってはどうでもいいことですが笑

 

でもこれの一つ前のもの。

このシャンプーもかなりのハイスペックシャンプー。

 

 

 

こちら。

 

同じ会社から出ているものの

ここまで市場に出回ってしまってからは無理。

そしてこれを制止するのは独占禁止法に触れてしまう。

 

ということでもっと良いシャンプーを作ってしまった。

 

クオメゾフォルテのシャンプーはいろんな美容雑誌に

掲載されているものの

全国で販売されているのは美容室のみ。

 

そして現在全国でやっと100店舗あたり。

 

まだまだ少ない。

 

 

僕はこれを使って見てやはり思ったのが

ぜひ全てのお客様にこれを使っていただきたい。

高いですが

毎日使うもの。

女性だったら肌にお金をかけるもの。

しかしながら

頭皮が1m下がると顔が1cm下がると言われています。

 

ということは肌にお金をかけるのもいいですが

頭皮、そして髪にお金をかけることで

肌にも良いということをわかっていただきたい。

 

というのが美容師としての

僕の切なる願いになります。